2011年02月08日

長寿社会推進課

021よかばい体操.jpg

長寿社会推進課

 わが街の市に長寿社会推進課というのがあります。

業務内容はホームページによれば次のように書いてあ

りますが、要するに元気に長生きするための方策を色

々な形で支援推進する課のようです。

・長寿社会対策に関すること。

・老人福祉法(昭和38年法律第133号)に関すること。

・介護保険法(平成9年法律第123号)に関すること。

・高齢者福祉施設に関すること。

・老人福祉センターに関すること。

・高齢者生きがい創造センターの管理運営に関すること。

地域包括支援センター

・地域包括支援センターの運営に関すること。

・高齢者の保健福祉の相談に関すること。

・介護予防に関すること。


と記載されています。


 私の団地では高齢者を中心とした月1回の「ふれあい

サロン」を開催しています。登録者は30名程度です

が24,5名が毎回参加しています。2月は寒くて閉じ

こもりがちなので、長寿社会推進課の出前事業の一つ

に「よかば〜い体操巡回教室」がありますので来てい

ただきました。もちろん費用は無料です。体操の指導

員・看護師・運営推進の三人の方が来られ、挨拶の後、

一人一人の血圧を測られます。測定の準備の時一人一

人に声をかけられ日頃の体調と健康指導を兼ねられる

ので、一人暮らしの方にはコミュニケーションのいい

場面づくりでした。その後、高齢者向きに無理なく日

ごろ使わない筋肉で足腰を鍛える体操を興味深く指導

していただきました。

 あっという間に1時間半が経ちました。会員の表情

は朗らかになり、元気さを取り戻しました。身体もい

つもよりスッキリした感じです。


 私は運営スタッフとして参加していますが、今日ば

かりは会員と一緒に体操をし身体をほぐしました。
posted by ムッチー at 14:20| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 竹炭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

竹炭窯

s-画像 142.jpgs-画像 025.jpg
  ペットボトルは竹酢液     


 これまで、竹炭は物産展や道の駅などでお目にかかり、効能書き

を読む程度で、大した興味を持っているわけではなかった。

 ある日、仕事を一緒にするようになった会社の社長さんと飲んで

いるとき「家の横の竹藪が生い茂り日当たりが悪いので毎年伐採で

苦労する」とグチをこぼした。その社長さんは竹に興味関心が非常

に高い方だったので「竹炭を焼いたらどうですか?」と言われた。

数日たってから自宅に数冊の本が送ってきた。一緒に炭焼き窯の説

明書のコピーまで同封してあった。

 そのコピーにはドラム缶を利用して炭焼き窯を作る方法であっ

た。自宅に父がどこからか貰ったのだろうと思われるドラム缶が長

い間雨ざらし日ざらしで庭の片隅にほったらかされていた。

 このドラム缶が日の目を見るときが来た! 早速父が揃えた日曜

大工道具の中から電気ヤスリ機を取り出し、金属カッター盤に変え

てドラム缶の蓋を切りはずし、石油缶の取り付け口、煙突の取り付

け口を形に合わせて切り落とした。煙突は竹酢液が採れやすいよう

にホームセンターでH型のものを購入した。

庭の山側の片隅に据え付け保温のために土をかぶせた。

 竹はうなるほどあるのでドラム缶の長さに切り窯いっぱいに入れ

た。蓋をすると隙間があるので、友人の協力で粘土質の土をもらっ

たものを壁土のように塗りつけて密閉した。

いよいよ火を入れるのであるが、何せ山の横に住居があるとはいえ

住宅団地の端である。煙をモクモク出し洗濯物を汚してはいけない。

邪魔にならないように雨降りを選んで火を入れることにした。

小雨を待って火を入れた。雨が降っているので煙は上にすぐは上がら

ず、地面を這うように隣近所に行き渡った。消すわけには行かず風が

吹くのを祈った。煙の色と火の調節、空気の入れ具合の調整のため窯

と書斎の間をうろうろしてテキストと首っ引きであった。やっと完全

に密閉して後は火の落ちるのを待つだけとなった。

 翌日、窯を開けた。あんなにぎっしり入れたはずの竹が見あたらな

い? ん??!! おそるおそる膝を曲げて奥の方を覗くと黒いもの

がかすかに見えた。手を伸ばすと硬いものが手に触れたので、つかん

で手前に引っ張ってみたら、黒光りのする70センチくらいの立派な

竹炭であった。妻も喜んでくれた。

 細長い竹炭は玄関を始め各部屋に飾りとして、湿気止めとして活用

している。クズの竹炭はバーベキューの燃料として重宝している。






 

posted by ムッチー at 15:10| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 竹炭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

竹炭

s-画像 140.jpg

4月以降竹炭を3度焼いた。数年ぶりに焼いたので火加減を忘れていたのだ

が、何とか焼けた。焼き窯は庭の片隅にあるが住宅団地の端っこなので近所

の洗濯物に影響ないように雨の日に火を入れる。竹酢液もとれる。

出来た竹炭は各部屋に籠に入れて脱臭・脱湿気剤及び飾りとして利用してい

る。残った格好が悪いのはバーベキューの燃料である。

竹酢液は防虫剤として使用する。
posted by ムッチー at 16:20| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹炭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。